スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンガンロンパ妄想強さランキング

02-04,2013

毎度広告が出る度に記事を書いていくぐらいの頻度になってますねー。

数日前にようやくゼロの下巻を読み終わり、これで
ダンガンロンパ、ダンガンロンパ/ゼロ、スーパーダンガンロンパ2を
一通りプレイ&読み終わった事になります。

で、男の子なら(というか、特に中学2年辺りの子なら)たぶん考える人が多いんじゃないかなと思う、
作中人物の強さの順位を妄想してみました。もう大学生活も折り返している年齢なのに。

それでは、当然ですがネタバレにもなるので追記からでーす。
ケンイチロウ>さくらちゃん=残姉≧カムクラ=江ノ島
(超人の壁)
>ペコwith竹刀=弐大>斑井≧終里≧ジェノサイダー
(達人の壁)
>大和田≧九頭龍>田中with四天王≧十神≧桑田
(チンピラレベルの壁)
>豚神=石丸≧松田≧霧切>神代>日向≧葉隠≧朝日奈≧左右田
(一般男子の壁)
>ソニア>舞園≧狛枝=花村=山田>苗木
>罪木=澪田=小泉≧西園寺>セレス≧不二咲=腐川


ロンパ1&2、IF、ゼロにおける描写から考えてみました。
使える道具は普段持ち歩いている物という事で、立ち絵に入ってる物という事にしてみてます。
一応適当な理由とかは以下のような感じになります。

・超人の壁
通常時の残姉が互角以上と認めたさくらちゃんが勝てないケンイチロウ
超高校級の希望と絶望の2人はたぶん格闘に関する才能も大量にあるんだろうけど、
同じ才能を持った上でそれを日々鍛えてきた超人よりは直接戦闘だったら劣るんじゃないかなーという妄想。

・達人の壁
ペコと弐大は何も描写が無いのですが、恐らく人もコロコロしてる上に竹刀持ちのペコの方が
本業マネージャーの格闘マンよりは一応強いんじゃないでしょーか。
ジェノサイダーはさくらちゃんの攻撃を回避し続ける身体能力があるようですが、
やはりボディーガードや新体操部と比べると体力やら筋力で劣る気がするという適当な理由です。
というか今回は基本的に同じくらいの描写と受け取れた場合、体力的に男性の方が有利と考えています。

・チンピラに勝てる壁
暴走族の筋肉スゲー。ヘッドやってるんだし喧嘩はこなしてるでしょう。
極道もそういう世界なんですし訓練はしてるんじゃないでしょうか、いかんせん体格が貧弱そうですが…。
田中は(ロボ)弐大相手に四天王がスイッチを押すまで張り合ったという本人談を考えて、
御曹司は運動神経も完璧らしいんできっと護身術とかも学んでるんですよきっと。
桑田は練習無しで野球のトッププレイヤーになれるなら天性の運動神経自体はばっちりですよね。
盗塁ばりにダッシュして逃げて、適当に石でも拾って投げてればつよそう(適当)

・一般男子の壁
こっからは更に適当ですね。
豚神:体格いい 石丸:風紀委員だし暴力沙汰も経験多そう 松田:あのエグい殺し方が出来るなら
霧切:半端ない冷静さと肝っ玉 神代:影薄いのは便利だけど力は弱そう 、日向:いいガタイ
葉隠:借金取りのヤクザから逃げ続ける根性、モノクマボトルの奇襲攻撃だべ!も
不意打ちとはいえオーガにダメージを与える中々の威力でした
朝日奈:体力ならトップクラスな感じ 左右田:そこら辺の男子高校生

以下はまあまあ動けそうな女性陣、貧弱そうな男性陣、更に貧弱そうな女性陣という感じです。


うん、我ながらツッコミ所満載である。
モノクマもそういうゲームじゃないからこれ!って言ってましたね。
ではでは。
スポンサーサイト

COMMENT

超高校級の希望と絶望の2人には格闘才能がたくさんあったとしても、身体能力に関しては決して高い方ではないと思う>>音無涼子、日向創

どちらかというとこの二人はたぶん頭脳派寄りじゃないかな

まぁ、盾子ちゃんにはちょんとベッドを数メートルぶっ飛ばすって描写があるけどね
2013/05/13(月) 18:31:29 |URL|ka #- [EDIT]
彼ら、特にカムクラは描写も少ないですからねー、大分自分の妄想が入っちゃってますw
直接的にというよりは間接的に相手を陥れる頭脳タイプって考えた方が筋通りそうですね。

そういや日向君や腐川さんは2人とも入れているのに音無さん入れるの忘れてた…。
2013/05/14(火) 12:59:52 |URL|yameteoke #NTmrXVaM [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。